デイトレードなどの短期売買をするならチャート分析が必須

購入する株を選定する際、判断する方法としてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析は、財務状況や業績から、会社の価値や成長性に対して割安な株を探す方法です。
テクニカル分析は、これまでの株価の変動に基づいて、株価が割安か割高か判断する方法です。

わたしの場合、元となる資金が少ないため、短期間で増やすことを目標とするなら、デイやスイングの短期売買がメインになります。短期で株取引を行う場合は、テクニカル分析を重視する投資家が多いです。


これまでに読んだ株の入門書では、ファンダメンタルズ分析について主に書いているものが多く、テクニカル分析については少し触れる程度だったので、知識が足りないと思い、チャート分析についての本を買ってきてみました。じっくり勉強していこうと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です