投資マンガ「インベスターZ」を読んだ感想

ずっと気になっていた、投資マンガの「インベスターZ」を読んでみました。
作者は三田紀房さん。東大受験を題材にしたドラゴン桜などで知られていますね。

学費が完全無料の道塾学園では、実は学生だけの投資部で経営資金を稼ぎ出しており、全く投資について知らない中学生が投資部に入部させられるところから話は始まります。
主人公が初心者なので、一緒に株の基礎を学ぶことができます。身近なところから購入する銘柄を選定することや、利益確定・損切りのラインを決めておくこと、塩漬けにしてしまうのはなぜいけないのかなど、実際のトレードに役立つ知識がマンガを楽しみながら身につくと思いますよ。
堀江貴文さんや、ユーグレナの出雲充さん、zozotownを運営するスタートトゥデイの前澤友作さんなど、実在する人物も登場するのも面白かったです。

興味を持った方は、是非読んでみてください。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です