【株初心者向け】株式銘柄を選ぶにはまずは四季報を読もう!

これから株を始めたい。でもどうやって銘柄を探したらいいの?
そんな疑問をお持ちの方は、まずは「会社四季報」を読んでみることをおすすめします。

会社四季報とは?

全上場企業について、会社の業績予想を中心に様々な情報がコンパクトにまとまった冊子です。
コンパクトとはいっても、3000社以上を網羅しているのでかなり分厚くはなっています。

こんな表紙、書店で見かけたことはないでしょうか?
3月・6月・9月・12月の年4回発売されます。

見開きで4社の情報が載っています。こんな感じです。ね、情報量みっしりでしょう?

仕手株に注意

SNSなどで話題になり、短期間で急騰している銘柄などには、つい飛びつきたくなるかもしれません。業績が芳しくない所謂ボロ株を、あの手この手で価格を吊り上げていき、たくさんの人が飛びついて価格が上がったところで最終的に大口が売り抜けて、株価が暴落するというようなケースがあります。こういったものを「仕手株」といいます。
こうした銘柄を高値掴みしないためには、その会社の業績は一体どんな状況なのか、今後どういった経営をしていくのか、そうした企業研究をすることが不可欠です。どれだけSNSなどで話題になっていたとしても、実態が伴わない銘柄だと分かっていれば、惑わされることはないはずです。

情報の信頼性に気を付けて

株を始めると、ニュースだけでなく日々の様々な情報にアンテナを張り巡らすようになると思います。インプットはとても大事です。ですが、情報の信頼性には気を付ける必要があります。
特に今は誰もが簡単にインターネットで情報発信ができるようになっていますから、SNSなどの情報を鵜呑みにしてしまうのはリスクが高いと言えるでしょう。
新聞や大手ニュースポータル、四季報など、信頼性の高い情報も意識的にチェックし、その上で「自分自身で判断する」ことがとても重要です。投資は自己責任とよく耳にするとは思いますが、大事な自分の資金がなくなっても、誰も責任は取ってくれないのです。自分の資金をかけるに値する銘柄なのかどうか、しっかり判断するためにもしっかり調べましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です